Amazonセラーアカウントを小口登録したはずが大口になり月額請求発生!返金と切り替えの経緯公開

スポンサーリンク
せどり

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

 

「Amazonで小口出品に登録したはずが、大口になっちゃった!!しかし、早速月額請求かよ!!」って出来事があったので、経緯と解決方法を書いておこうと思います。

同じような状況の人が割といるらしいので、参考になれば嬉しいです。

 

もてちん
もてちん

いきなり登録で躓いてしまいましたが、無事解決したのでご報告。

 

 

大口出品と小口出品の違い

 

せどりでAmazonを販路にしようとした時、Amazon出品サービス(Sell On Amazon)への登録が必要になります。

Amazonの出品サービスには、『大口出品』『小口出品』の2種類。

『大口出品』『小口出品』の違いは下の表の通りです。

 

 大口出品小口出品
料金月額4,900円+販売手数料商品毎に100円+販売手数料
一括出品ツールの利用×
注文管理レポートの利用×
出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定×
法人向け販売機能の利用×

 

 

簡単に言えば、大口は月額4,900円小口は商品ごとに100円かかるという事。

そして、この料金形態からAmazonのページでも、

・大口は、毎月商品50点以上を販売する人

・小口は、毎月商品49点まで販売する人

に、おすすめとしてなっています。

 

 

出品プラン登録に失敗した経緯

 

今回、小口出品で登録を進めていたはずが登録が完了した時には『大口出品』になっていたというオチです。

結局なぜこんなことになったのか不明なんですけど、ネットの書き込みとか見てると割と頻繁に起きてるみたいなんですよね。

では、実際にわたしが行った登録手順を説明していきましょう。

 

『Amazonで売る』から登録

 

まず始めにAmazonのホームページの下部にある『Amazonで売る』をクリックします。

 

 

『Amazonを売る』をクリックして開いたページは下図の通り。

このページで『さっそく始める』をクリックして登録を進めると大口になるようですが、わたしはそんなヘマはしません。

 

ページの下部にある『小口出品で販売したい方はこちら』をクリックして登録を始めました。

第一のトラップは見事に回避しました。

 

しかし、結果は『大口出品』で登録が完了・・・

 

もてちん
もてちん

なんでだ!?

トラップは回避したはずなのに!!

 

 

 

残高不足請求で大口に気付く

 

どこで間違えたのか、今となっては不明です。

疑いもせず登録情報の記入を続けていったので、月額請求が来て初めて大口出品になっている事に気付きました。

これがその時のメールです。

 

いきなりの請求でビックリしましたけど、知らずに大口を利用する前でよかった。

 

もてちん
もてちん

大口利用する前だから、まだ返金間に合うんじゃない?

1ヶ月くらい使ってからでは手遅れかもしれないですけど、まだサービスを利用していないわけですしね。

 

小口切り替え後は大口に戻せない?

 

どうすれば小口に切り替えられるか、ページを見渡しました。

そこでイヤな記載を見てしまいました。

 

「小口出品に切り換えると大口出品には戻す事ができません。」

 

もてちん
もてちん

マジか・・・

まずは小口でお試しのつもりが、大口に戻せないんじゃ意味がない。

 

 

一応、間違えて大口出品登録になってしまったので、『返金対応できるかどうか』のついでに『本当に大口に戻せないのか?』について問い合わせてみました。

もてちん
もてちん

よかったー!

小口に切り替えても大口に戻せるんだね!

てか、返金の件は??

 

 

 

 

返金対応問い合わせ(2度目)

 

2つの質問に対して、片方しか回答がありませんでした。

仕方がないので、返金対応について再度問い合わせをする事に。

で、返信がありました。

 

もてちん
もてちん

担当部署が違うから回答がなかったわけね。

初めからそう言ってくれればいいのに。

 

まあ、ちょっと噛み合わない感がありましたが担当部署からの返信を待つことに。

 

まさかのアカウント閉鎖

 

そして約4時間後、返信がありました。

その内容に唖然としました。

 

もてちん
もてちん

は?

アカウント閉鎖したから対応できない!?

出品者の違反行為!?

 

まったく身に覚えがなさ過ぎて愕然としました。

返金対応を求めただけで、アカウント閉鎖に追いやられるなんて!

買い手から売り手に回った途端、大企業様はここまで態度が変わるものかと怒りすら覚えました。

 

しかし、実際には違ったようです。

アカウント閉鎖の理由は、出品前審査の期間中のため。
出品者の違反行為の理由は、審査に必要な書類の提出が済んでいないため。

 

ややこしい・・・

てか、日本語がおかしいだろ。

ムダな争いを引き起こす言い回しに、まんまと引っ掻き回されました。

 

本人確認書類の提出

 

その後、本人確認書類の提出をしました。

必要な書類は下の通り。

 

1) 写真付き本人確認書類 (身分証明書) 1部

  ・パスポート
  ・運転免許証
  ・在留カード
  ・住民基本台帳カード等

2) 取引明細書 1部

過去90日間に発行されたものであり、氏名、請求先住所、銀行情報またはクレジットカード会社の情報、発行日または取引履歴のページが確認できる以下の明細書のいずれかをご提出ください。

  ・銀行の取引明細書
  ・クレジットカードの取引明細書
  ・預金通帳の取引明細書

  ※クレジットカードやキャッシュカードの写しや写真は無効です。

 

『取引明細書』の提出が手こずりそうでしたが、幸い楽天銀行でPDFファイルでダウンロードできました。

運転免許証の表裏の画像と取引明細書のPDFをアップロードした翌日、アカウント確認完了のメールが届いて無事アカウント復活です。

 

返金対応問い合わせ(3度目)

 

本人確認書類の審査が無事完了したので、再度問い合わせをしました。

「アカウントの問題に対処されましたら、リクエスト内容を再度Eメールでお送りください。」とありますしね。

 

誤解だったとはいえ、いきなりのアカウント閉鎖出品者の違反行為と言われトラウマを抱えてしまったので、かなりの下手に出ての返金要求のメールをしました。

内容的には、

  • 小口登録から入ったが、大口になってしまった
  • 確認のしようがないので、こちらのミスかもしれない
  • 利用がなければ1回限り返金可能とあるのでお願いしたい
  • 小口出品への切り替えは申請済み

Amazon様を怒らせないように慎重に言葉を選んで・・・と。

 

返金対応してもらえた

 

下手下手のメールが功を奏したのか、無事月間登録料の返金の通知が来ました。

 

たった2日間のやり取りだったんですが、かなり疲れました。

 

もてちん
もてちん

返金してもらえてよかったー!

 

小口切り替えはさらに後日

 

無事に返金手続きも完了して、小口にも切り替え手続きも完了。

すぐにでも、切り替わると思いきや、次回請求日に切り替わるらしい。

・・・そして、1ヶ月後。

 

 

結構待たされました。

Amazonを販路にしようと意気揚々と挑んだはいいが大口出品になってしまい、返金問い合わせから切り替えまで約1ヶ月。

 

もてちん
もてちん

いやー、だいぶロスしちゃったなー。

でも、やっとスタートできる!

 

さいごに

 

Amazonセラーアカウント作成という初っ端ならいきなり躓いてしまいました。

結果的に無事返金処理もしてもらい小口出品登録できましたが、1ヶ月程足止めを喰らった形になりました。

皆さんは失敗しないように気を付けてくださいね。

聞いたところによると、小口出品の場合はクレジットカード登録はないらしいので登録画面になったら一度注意してみてください。

間違っても返金に応じてくれると言っても、拘束期間があるので間違えないに越した事はないですしね。

では、素晴らしいAmazonせどりライフをお楽しみください!