PayPay(ペイペイ)が第2弾100億円キャンペーン実施!前回の教訓は活かされているのか?

スポンサーリンク
得する情報

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

 

スマホ決済アプリの『PayPay(ペイペイ)』が第2弾100億円キャンペーンを2019年2月12日より開始するようです。

買おうと思っていたあの商品が支払い額の20%還元で買えるチャンスです!

『PayPay(ペイペイ)』といえば2018年12月にも【100億円キャンペーン】を実施して注目を集めました。

当初3月まで実施予定でしたが、100億円還元の枠がすぐなくなってしまったため開始わずか10日間で終了になってしまったことは記憶に新しいです。

そして問題点も浮き彫りになりました。

クレジットカードが勝手に登録され『PayPay(ペイペイ)』で使用されたという不正利用による被害が続出しました。

今回はどうなるでしょうね。

 

 

 

スマホ決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』とは?

 

『PayPay(ペイペイ)』とは、ソフトバンクとYahoo!が共同出資し設立したPayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスです。

アプリを使って支払いをするのですが、店に設置されたQRコードを読み取る方法と、スマホに表示されたバーコードを読み取る方法があります。

更に個人間送金もできるということで、『LINE Pay』と被りますね。

どちらが覇権を握るかというのも今後気になるところです。

早々に第2弾キャンペーンを打ち出してくるあたり『PayPay(ペイペイ)』の本気度が伺えますね。

 

 

 

『PayPay(ペイペイ)』のメリットは?

 

 

一番のメリットはキャンペーンの20%還元になるでしょうが、他にも登録するだけで500円分プレゼントも魅力的です。

また『PayPay(ペイペイ)』で支払うと0.5%還元されます。

クレジットカードでは1%還元だから、クレジットカードで支払いをした方がいいと考える人もいるでしょうが、『PayPay(ペイペイ)』での決済方法をクレジットカードにしておく『PayPay(ペイペイ)』の0.5%に加えてクレジットカードにもポイントが付くため、クレジットカードで支払うよりも『PayPay(ペイペイ)』を経由した方がお得ということになります。

 

 

『PayPay(ペイペイ)』のデメリットは?

 

メリットが多いというのはわかっていただけたと思いますが、次はデメリットについてです。

これはなんといっても『不正利用』があった件ですよね。

このニュースを見てやっぱり現金が一番と思った人も多いでしょう。

他のスマホ決済アプリから漏れたか、元々流出していたであろうクレジットカード情報で『PayPay(ペイペイ)』を不正利用したであろうという線が強いですが、『PayPay(ペイペイ)』側としては不名誉なレッテルを貼られた形になりました。

『不正利用』に対する処置として、カード会社と連携し、不正被害額をPayPayが全額補償。というかたちで収まりましたが、今後も起きるようだと利用者獲得は難しくなってきそうです。

この対策として、2018年12月18日からセキュリティコードを含むカード情報の入力回数制限を実施

2019年1月21日に本人認証サービス(3Dセキュア)を導入

2019年2月4日より【カード利用の上限額を30日間以内本人認証前5000円、本人認証後5万円の上限】の追加。

これらの対策で安全面強化されてくれるのを期待しています。

 

 

100億円キャンペーンは参加すべき?

 

今回のキャンペーンは買いたいものが決まっている人にはチャンスでしょう。

前回10日間で終了したのもあり、知名度も上がっているので前回よりも短期間で終了かもしれないと焦るかもしれません。

しかし、お得なキャンペーンだからと必要かどうかも怪しいものを「キャンペーン中に買わなければ!」と衝動買いしてしまうのはどうかと思います。

わたしも飛びつきそうになりましたが、本当に欲しいものがあるか提携店舗に下見に行ってきました。

冷静になってみると今買わなくても生活に支障がない事に気付き、見送ることにしました。

今すぐ必要でないものは無駄遣いと一緒です。

こういうチャンスはめったにないかもしれませんが、もしかしたら本当に必要になった時にはその商品が型落ちで値下がりしているかもしれません。

よく考えて買い物をしてください。

しかし、決済方法をクレジットカードにして『PayPay(ペイペイ)』を経由するとポイントが二重にもらえるというのは魅力的なので、キャンペーンなしにしても決済方法としては十分ありですね。

では。

コメント