なぜ『ふるさと納税』を利用しない人がいるのか。過去の自分を振り返る

スポンサーリンク
得する情報

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

『ふるさと納税』利用してますか?

恥ずかしながら、わたしは2018年から始めました。

利用すればわかると思いますが、あえて利用しない理由がないほど『ふるさと納税』はお得です。

ではなぜ利用しない人がいるのか。

過去の自分や身の回りの人を例に挙げて考えていきます。

 

 

ふるさと納税とは?

 

年末は特にコマーシャルがいっぱい流れているので、『ふるさと納税』というワードを知らない人はいないと思いますが一応簡単な説明をしたいと思います。

『ふるさと納税』とは、あなたが応援したいと思う(目当ての返礼品がある)自治体に寄付をして寄付の約3割相当の返礼品を貰えるというシステムです。

寄付した金額はその年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されます。

実質自己負担額2,000円で税金として納める分を寄付して返礼品を貰えるというデメリットのないシステムです。

『実質』とか目にすると携帯大手キャリアの契約のような何年縛りとかの落とし穴がありそうで怖いと感じる人もいるでしょうが、そんな事はないので安心してください。

※控除上限額を超えて寄付をすると、超えた分は自己負担額ということになってしますので、『控除額シミュレーション』でおよその控除上限額を確かめてから寄付しましょう。

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

ざっくりとした説明でしたが、デメリットは見つかりましたか?

 

 

なぜ利用しない人がいるのか?

 

控除上限額が数万円分あるにも関わらず、なぜ『ふるさと納税』をやらない人がいるのか。

そこらへんを『ふるさと納税』をやってこなかった情弱のわたしを例に理由を挙げていきます。

 

理由その①  めんどくさいから

 

自分の恥を晒すことになるのですが、わたしの場合「よく知らない」「めんどくさい」という気持ちから2017年まで『ふるさと納税』をやっていませんでした。

今の時代、Googleで検索すれば情報なんてすぐに手に入るのにやらなかったのです。

国の掲げる政策というだけで、かなりの苦手意識、拒否反応があったのは事実です。

毎年の年末調整の用紙も見るだけで憂鬱になります。

それはなぜか?

それはわかりにくいから。

何年もやってれば慣れるのでしょうが、年に一回だと去年どう書いたか結構忘れてるんですよ。

それで裏面の説明を見てもわかりにくい。

結局毎年ネットで調べながら書いていました。

そう考えると、わかりやすく記事にしてくれるブロガーさんには毎年感謝しかありませんね。

 

理由その②  返礼品に興味がなかったから

 

次にやらなかった理由を挙げると、「物に興味がなかった」という点です。

直接お金が返ってくるというシステムだったら、もしかしたらもっと真剣に調べて実行していたかもしれません。

しかし、返礼品の多くは食料だったのでそれほど魅力を感じなかったという理由です。

魅力を感じなかったので、わざわざ確定申告してまで『ふるさと納税』をすることをめんどくさく思っていました。

 

 

理由その③ 知識が中途半端

 

これは、わたしが友人に『ふるさと納税』の素晴らしさを実感して友人に勧めた時の話です。

「絶対やったほうがいい!」と素晴らしさを伝えましたが、リアクションはとても薄かったのを覚えています。

話の途中でソシャゲ始めてましたから、全く興味がなかったのでしょう。

少し前の自分を見ているような錯覚に陥りました。

友人も当然『ふるさと納税』の存在は知っていました。

確定申告が必要な事も知っていました。

そこまで知っていて「会社を休んでまで確定申告をしにいくのはめんどくさいし、休めるかわからないからやらない」という返答でした。

郵送でも確定申告ができる事までは知らなかったようです。

あと少しの知識があればふるさと納税利用者の仲間入りだったのにと思うと、やはり知らない人は損をする仕組みの世の中なんだなと痛感しました。

まあ、その事を伝えても『ふるさと納税』をやらなかったようなので、自分が興味をもって調べてメリットを感じない限りやらない人はやらないままなんだという事がわかりました。

それにしても、本当に過去の自分と会話しているような感覚だったので貴重な体験ができました。

 

 

ふるさと納税を実際にやっている人の割合

 

2018年のインターネットリサーチを載せているサイトがあったので参考までに。

ふるさと納税認知率 93.5%

ふるさと納税利用率 12.9%

ほぼみんなが知っている『ふるさと納税』を知ってはいるが、やっていないという結果でした。

しかし、利用経験者は再度利用したいという人が9割近くいるようです。

http://www.research-plus.net/html/investigation/report/index138.html

 

このリサーチの結果から、やればメリットを実感できるが始めるまでの情報収集がめんどくさいからやらない人が多数のようです。

 

 

さいごに

 

ふるさと納税をやらない側、やっている側両方の気持ちがよくわかります。

「始めるまでがめんどくさい。」

確かにそうです。

苦手意識をもっていると情報収集だけですでに苦痛です。

『控除』っていう単語があるだけで理解できないかもと不安に感じてしまいますよね。

でも、知らないのは始めだけで一度踏み込めばそこはお得しかない世界です。

カニやらホタテやら普段お金を出して買っているものが実質2,000円で食べられるなんてもうボーナスステージですよ。

「知らないからやらない」では、いつまで経っても損をするだけです。

やればきっと満足します。

やらなかった期間を後悔します。

まだ『ふるさと納税』をやっていない納税者の人は騙されたと思って始めてみてください。

 

ここまで勧めておいてアフィリンク貼ってないのは「めんどくさいから」というオチですが。

では。

コメント