下積みせずに若い時に遊ぶのは間違っているだろうか?30代後半になって思う事

スポンサーリンク
ライフスタイル

どうも、若いうちは精一杯遊べと言われてた気がするのに何かが変だぞと感じているもてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

おそらく都合のいい解釈をしていたのでしょう。

若いうちにやっておいた方がいい事は山ほどありました。

若い時にもう少しやっていればと後悔する事もあります。

今に満足できていないという前提での話ですが。

 

 

過去を嘆くのはやめろ

 

過去を嘆くのは誰にでもできます。

しかし、あの時やっていればと後悔している事を今全部やれと言ってできますか?

今が30代だとして、言い訳がいっぱい思いつきませんか?

「残業で忙しい」

「育児が忙しい」

「いまさらやっても意味がない」

確かに忙しいですね。

わたしも30代なのでわかります。

20代の頃にはなかった忙しさがあります。

特に育児は本当に大変で自分の時間がもてないです。

 

しかし、40代50代になった時後悔しないと言い切れるでしょうか?

「今より若いのだから多少無理してでもやっておけばよかった」と思うかもしれません。

未来の自分も現状に満足できていないという前提での話ですが。

現状に不満のひとつもなく自分を高め尽くしている人なんて何人いるでしょうか。

うらやましい限りです。

でも、あの孫悟飯ですら最長老に眠っている力を引き出してもらったにも関わらず界王神様の所で更にパワーアップしたんですよ。

限界なんてないんです!

漫画の話ですが、いくらやっても限界なんてないんです。

スーパー俺ゴッドとかブルーとか上がいくらでもあるんです。

ならば、今やれる事をやりましょう。

やるだけやれば未来の自分も納得してくれるはず!

 

 

 

遊びは後悔か?

 

 

遊んだっていいじゃないですか。

10年前の事を思い出すと、つい最近の事のように感じることもあるでしょう。

1年ですら過ぎればあっという間ですが、現在進行形ではめっちゃ長いですよ。

息抜きなしで何年も過ごせるほどわたしの意識は高くないので、遊びもスケジュールに組んでます。

息抜きなしで生活する事は果たして充実した生活といえるのか疑問です。

 

 

 

メリハリのある充実した生活を

 

わたしは遊びに重点を置きすぎていました。

しかし、ぶっちゃけ仕事はしなくていいならしたくない人間です。

転職もフリーターもニートも経験済みです。

ニート中はPS2のドラクエVを100時間くらいやってました。

ミニゲームのスゴロクも10時間以上やり込みました。

充実はしてませんが、いい思い出です。

しかしニート話も思い出としては4行くらいで完結しますが…

そりゃ後悔もしますわ。

仕事は好きではありませんが、子供達のために頑張らなくてはと思いましたが下積みがなさすぎて困ってます。

メリハリは大切ですね。

なにがキッカケで考えが変わるかわかりませんから。

 

 

 

遊びに費やした時間はムダではない

 

よく言いますよね?

「マジメにやれよ!仕事じゃないんだぞ!」って。

タモリさんでしたっけ。

うろ覚えですが、あの言葉好きです。

今思えば、妻と出会えたのも心を許せる友人を作れたのも遊びがキッカケです。

仕事つながりではないです。

そう考えるとムダな事などありはしない。

趣味でつながる人は話も合うし心地よいです。

時間をかけてお互いを知り親友と呼べるようになりました。

『友情ってヤツァ…付き合った時間とは関係ナッスィング!!!』

ってどこぞのオカマ真拳の使い手が言ってました。

しかし、いきなり意気投合できた人は今まで生きてきて数えるくらいしかいません。

 

 

 

今から出来る事を頑張る

 

後悔している時間ももったいない。

遊んできた時間をムダだったと後悔すると自分を全否定する事になるのでイヤです。

その過去の話も今ブログのネタになっているのだからムダなわけがない。

とにかくやりたい事を一生懸命やりましょうって話でした。

毎度毎度過去の自分の後悔ネタで自分で自分を追い込んでいました。

自分自身で褒めてやらずに誰が褒める?

って事で今回は無理にでも自分を肯定してみました。

遊びも仕事も精一杯やりましょう。

結果は最期に付いてきます。

わたしは最期に「まったく!!!いい人生だった!!!」と笑って酒を呑みたいです。

爆死フラグびんびんですけどね。

では。

コメント