30代後半が新しい事に挑むのは手遅れだろうか?転職・投資・副業はうまくいくのか?

スポンサーリンク
ライフスタイル

どうも、仕事そっちのけで人生を娯楽につぎ込んだほぼノースキルもてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

30代も終わりを迎えそうな歳にもなると、新しい何かにチャレンジするというのは勇気がいりますよね。

特に仕事となると不安が尽きません。

少ないながらも毎月の給料でなんとか生活はできる。

家のローン、妻と子供。

『子どものため』と仕事のモチベーションは上がる事はあっても、今の生活を捨てて新しい事に挑むのはかなりの勇気がいります。

まして、同等のお金を稼ぐあてがなければ余計に踏み出せません。

しかし家族のために少しでも稼ぎたい!

家族をもって初めて奮い立とうとしている30〜40代のお父さんがわたしの他にもきっといるだろう!

そう思い、この記事を書きました。

 

 

30代後半の転職はハイリスク

 

昔からたまにハローワークや転職サイトを見る事がありました。

30代を採用してくれる会社はほとんど『実務経験者のみ』と採用条件の欄に書いてあります。

探せば未経験でも採用してくれる会社もありますが、給料が安すぎです。

田舎だからかもしれませんが、そういう現状です。

安い給料ではローン返済や生活していけるかなど不安しかありません。

そこまでしてリスクをとるメリットはあるのか?

スキルアップと割り切って安い給料でスキルを学ぶのならいいです。

しかし、30代ともなると相当なスキルを身につけておかなければ次に経験者で転職してもすぐにメッキが剥がれます。

わたしの会社でも経験者で採用された年配の人が何人も入っては辞めていきました。

経験者というだけでかなりハードルが上がってしまうので、その期待に応える事ができないと徐々に社員の対応も冷たくなってきます。

わたしの会社が製造業だからなのかわかりませんが、『不良品を出さずにいかに早く製品を作るか』に重点を置いています。

例え、経験者中途採用の人の人格がよくても仕事が経験者にしてはこんなものと判断されるとうまくいかなくなります。

戦力にならなければ「経験者としての給料をもらっているのに」と社員に不満がたまります。

工場の責任者も、経験者にどこまで教えればいいかわからない。

しかも、年配の人はプライドが高い系の人が多く素直に従わないなど。

そういうのを目の当たりにしてきたから余計、中途半端な経験者は転職できても長く続かないと思ってしまいます。

 

そして、未経験OKの会社で採用されても、今以上の給料をもらえる保証もない。

一からのスタートはそんな見えない不安と隣り合わせです。

30代後半の転職でのベースアップはかなり難しいらしいです。

リスクは本当に高いですが、リターンがあるかどうかもわかりません。

20代だったら当たって砕けろでなんとかなるでしょうが、30代になると「ここで失敗したら次はあるのか?」と不安になります。

20代の遊びに費やした時間はかけがえのない思い出ですが、スキルアップ必要でしたね。

生きられる分だけで十分という考えだったので、自分を高めるという選択肢が欠けていました。

今は子どもだちのため家族のためと奮い立ってます。

しかし、結婚もしてなかったら奮い立つ事もなかったのではないかと思う事があります。

 

 

資産運用で不安を取り除く

 

転職でのベースアップが期待できない30後半。

では、どうやって未来の不安を取り除くか。

わたしが始めたのは資産運用です。

資産運用も若い頃から始めていれば、複利の恩恵をより多く受けられました。

しかし、そんなもの知らなかった。

興味を持たないと情報はノイズでしかないですね。

危機感をもって始めて向き合えました。

遅いとわかっていても定年まで、人生が終わるまでまだ何十年もある予定。

なので、必死に情報を集めてロボアドを始めました。

投資なのでリスクはあるものの、それほど大きなリスクもないと感じました。

年利も少なく確実とはいきませんが、数十年単位で見て資産が倍近くになる可能性のあるロボアドに老後の不安が少し解消されました。

不安を少しずつ取り除く事で、余裕が生まれて新しい何かを始めるキッカケになるのではないでしょうか。

 

 

【あわせて読みたい】

資産運用初心者向け『お金と共働きしよう』

 

 

 

ブログを始めた

 

資産運用だけでも構いませんが、チャートを眺めていても少ない金利が上下するだけです。

数十年単位での投資なので、毎日チェックする必要もありません。

その時間を、さらに他の可能性に費やす事にしました。

初期投資もほぼなく、ノーリスクで始められるブログ。

芽が出るからどうかもわからず、すぐに結果が出るわけでもない。

ならばさっさと始めようと。

これ以上ダラダラしている時間はないんです。

もう手当たりしだいです。

ノーリスクならなおさらです。

興味があったら始めてみてはいかがですか?

わたしは未だに結果は出せていませんが、やらない限り可能性はゼロだしブログを始めた事で情報への関心が高まりました。

 

 

知らないと損する事ばかり

 

知らない事は損しているのと同じです。

以前、パソコンパーツのCPUを買った事がありました。

買った1週間後に、1万円の値引きになりました。

新モデルが発売されたからですが、その情報を知っていれば値下げ後に購入していました。

たった1週間の差で1万円も損をしました。

最近だと、PSVRも大幅に値下げされました。

知らずに値下げ前に購入した人は損した気分になったのではないでしょうか。

通販でも何も知らずにただ購入するのと、ポイントアップの日にポイントサイト経由、クレジットカード払いと駆使する事で還元率が大きく変わってきます。

知らないという事は損している事にも気付かないという事です。

それはそれで幸せですが、知った時のガッカリ感はハンパなかったです。

1週間後に1万円安くなってるのを店で見た時

「…なん…だと」

となりましたから。

 

 

ベースアップが難しいなら出費を減らす

 

これがまた難しいんですよね。

節約が苦手でして。

「セコい」とか「ケチ」とかならない範囲での節約。

しかも、節約に重点を置きすぎて必要な事にも出し渋りしだしたら何もできないですし。

何かにチャレンジしていこうとしたら少なからず投資も必要だと思うので、節約で機会損失しないようにするバランスが難しい。

ですから、節水とかテレビの主電源を切るとかいう類のやつではなく、得をする買い方や使い方でムダをなくす節約方法をしています。

得な情報をインプットして、吟味してアウトプットする。

わたしにとっては情報を集めるクセもつくし、ブログのネタにもなるので一石二鳥です。

 

 

【あわせて読みたい】

『副業』と『節約』について考えた

ナナコのクレジットチャージ対応のオススメカード

通販サイト選びは値段がすべて。最安値を見極めろ。

 

 

 

まだまだこれから

 

30代後半からの奮起。

遅すぎると言われようとやると決めた。

結果はまだ何もない。

『30代後半』『スキルなし』

この歳になると転職におけるベースアップも期待できず、専門職ではないので昇給といっても大幅に上がるわけではない。

ならば、残りの人生諦めて下向いて働くのか?

まだ20年以上あるんですよ?

つまらなすぎません?そんな人生

転職に仕事におけるウリがないわたしでも変われるのか。

変われると実証できたら素晴らしいことです。

同じ境遇でくすぶってる30代の人が動き出せるキッカケになれるようになりたいです。

もう30代後半なんだから諦めろなんて、先の人生もまだまだ長いんです。

20代にやらなくて後悔した事を30代でも諦めてたら、今度は40代になって後悔する気がします。

まだまだこれから。

 

みんなで30代後半の意地を見せましょう!

今からでもやれるんだぜって!

 

 

まだまだ情報不足でやれる、やりたい事が少ないですが少しずつ行動に移していきたいと思います。

 

コメント