誰でも実践可能な一般庶民が富裕層になる方法。

スポンサーリンク
資産運用

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

 

富裕層と呼ばれる人たちは、何をもって富裕層と呼ばれているのでしょうか。

一般的に個人資産が1億円以上の人たちの事をそう呼ぶようです。

わたしたち庶民が富裕層になるには、一攫千金を夢見て宝くじを買い続けるしかないのか?

それともハイリスクハイリターンのFXをするしかないのか。

どっちにしても、望み薄ですね。

宝くじは非課税なので一等が当たれば即富裕層になれますが、一生買い続けても当たるかどうかも怪しいです。

夢を買うという意味ではワクワクできるのでいいですが、本気で富裕層を目指すのならばそんなものにお金使ってる場合じゃないです。

宝くじは還元率50%未満で、期待リターンがマイナス50%超という投資の対象にもならないくらいの商品です。

宝くじをすること自体が趣味だとしたら構いませんが、お金が欲しいという理由でやっているとしたらかなり無理な勝負をしています。

今回は、一般庶民が富裕層の仲間入りをするための方法です。

始めに言っておきますが、「富裕層になるのは夢ではないけど、相当な時間と積立が必要になってくるよ」というお話です。

 

 

一般庶民が富裕層になるためには

 

では、本題。

一般庶民が富裕層の仲間入りするためには、何をすればいいのか。

実際、答えはひとつではないです。

お金を稼ぐ方法なんて、いくらでもありますから。

しかし、それにはその人の能力が活かせる場所を見つけられるか、運を味方にできるかが必須です。

今回は、個人の能力云々でなく時間とお金を使って資産を増やすためにすることについてです。

ざっくり言うと、『複利運用』です。

お金を何年も積み立てて、資産を増やしていく方法です。

あの有名なアインシュタインが「人類最大の発明」とまで言った、あの『複利』です。

 

『複利』とは?

 

まずは、「複利とはなんぞや?」という人のために簡単な説明をしたいと思います。

知らないのは恥ずかしいことではありませんよ。

わたしも少し前まで知りませんでしたから。

『複利』の知識がなくても、闇金などでよく使われる用語の『十一(トイチ)』はご存知かと思います。

【トイチ】 100万円の借金が10日で1割の利子で110万円になり、更に10日過ぎると利子込みの11万円に1割の利子が付き、121万円になり・・・と雪だるま式に膨れ上がっていくこと。

 

トイチと聞くといいイメージはありませんが、仕組みは一緒です。

 

100万円を年利10%で運用したとして、110万円

翌年に110万円が121万円

それが『複利』です。

借金とは違い、稼ぐ側なので大歓迎ですよね。

 

 

複利で富裕層になるまでにかかる時間

 

では、この複利を利用したとして何年間運用すれば富裕層の仲間入りができるのか?

さきほどは計算がしやすいように年利10%で説明しましたが年利10%の投資商品もありますがリスクが心配なので、インデックス投資での目安『年利4~6%』の間を取って年利5%で計算していきましょう。

月々の積立を5万円とします。

月々5万円積立をしながら年利5%で複利運用した場合、1億円に達成するまでに45年かかります。

※税金を考慮した計算はしていません。

あなたが25歳なら、70歳までには富裕層の仲間入りです。

あなたが35歳なら、80歳。

45歳なら90歳ですね。

一般庶民がリスクを抑えた運用で富裕層の仲間入りをするのは、かなり時間がかかるということです。

ちなみに、月々5万円の積立がちょっとしんどい場合、リスクを取って年利が高い商品を選ぶか、もしくは運用期間を延ばすかになってきます。

これ以上運用期間を延ばすと、せっかく貯まったお金も使わずに天に召されてしまうことになりかねます。

人のことどうこう言う事でもないですが、「生涯かけて富裕層になる事のみが生きがいだ!」という人でない限りあまりいい時間の使い方ではない気がします。

 

 

投資にはリスクがつきもの

 

年利5%のインデックス投資といえど、投資に変わりはないので時期によっては元本割れの可能性がないわけではありません。

投資に絶対はないので、それだけはしっかりと心構えをしておきましょう。

そのリスクを極力減らすための『長期・積立・分散』

過去の実績から、この『長期・積立・分散』の運用でリスクは減ります。

長期的(45年)な運用で、積立をしながら(月々5万円)、分散投資(インデックス投資=投資信託・ETF)をする。

プロの投資家でもない限り、この運用方法が一番確実だと思います。

 

 

本当に富裕層になるのが目的か

 

一般庶民が富裕層の仲間入りをするためには、月々5万円の積立で年利5%のインデックス投資で45年かかるという結果になりましたが、給料から毎月5万円というのはなかなか大変かと思います。

人生のほぼ半分を費やして本当に富裕層になりたいのか?

月々5万円の投資が苦にならないようだったら問題ありませんが、何かを犠牲にした上での投資だとしたら考え直したほうがいいかもしれません。

お金を増やす事だけに全てを費やして、他の事をほとんど我慢し続けるのが自分にとっての幸せかどうか考えてみてください。

お金があれば心配事が減るのは確かです。

大体の事はお金が解決してくれます。(いい意味で)

あなたは1億円稼いだ後、何をしたいですか?

貯めるだけ貯めて子どもに相続するでもいいですが、この額になると税金でごっそり持っていかれます。

そこも考えた上で使い道と目的を決めましょう。

では。

コメント