【ウェルスナビ月次報告】2019年1月 リスク許容度5 実績公開

スポンサーリンク
ウェルスナビ

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

 

2018年3月から運用開始したウェルスナビ 。

ウェルスナビといえば初心者におすすめの資産運用として2018年11月7日時点で預かり資産1,100億円突破という人気ぶりです。

桁が凄すぎてどのくらい凄いのかはピンときませんけどね。

初心者にとってウェルスナビは最適かどうかという記事を過去に書いているので、気になる人は一読ください。

初めての投資にウェルスナビは最適か?
どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。 今話題のウェルスナビ。 投資を始めようと考えた時、資産運用の代表として名前があがってきます。 情報源となるTwitterやブログでも「初心者にオススメ」と皆さん推してますね。...

 

2018年の実績まとめです。

【ウェルスナビ】2018年運用実績総まとめ
どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。 2018年3月から運用開始したウェルスナビ 。 ウェルスナビといえば初心者におすすめの資産運用として2018年11月7日時点で預かり資産1,100億円突破という人気ぶりです...

 

では本題。

2018年の年末には米国株式の暴落がありましたが、その後1ヶ月でどこまで持ち直したか。

表とグラフで見ていきましょう。

 

 

2019年1月実績公開

まずは資産内訳です。

ちなみにリスク許容度5で運用しています。

 

資産内訳

 

 

日欧株(VEA)と新興国株(VWO)は毎月マイナスで米国株(VTI)がその赤字をカバーするという流れで来ていましたが、米国株式の暴落で米国株(VTI)までマイナスになったため、トータルでもマイナスになってしまいました。

公式サイトにも書かれていましたが、リスク許容度3のポートフォリオの構成であっても米国株(VTI)の割合は30.6%と約1/3を占めています。

ということはリスク許容度3でも、2018年の米国株式の暴落の影響を受けてしまっているということになります。

 

運用実績詳細

 

取引日

入金額評価損益総資産額利益率
2019年1月第1週910,000円-67,890円842,110円-7.46%
2019年1月第2週910,000円-46,583円863,417円-5.12%
2019年1月第3週910,000円-20,131円889,869円-2.21%
2019年1月第4週910,000円-16,132円893,868円-1.77%

 

1ヶ月で5万円程回復しました。

徐々に回復してあと一息でマイナスから脱却できそうです。

11月までは月々3万円の積み立てをしていましたが、色々と思うことがあり一旦積み立てを中断しています。

『長期・分散・積立』の三本柱の『積立』を取引開始から1年と経たずに中断してしまったので、今後の運用に影響がありそうです。

暴落中にこそ積立で買い増していくのが定石なんですが、それができませんでした。

積立に回す余力を成績のいい投資に割り当てたほうが効果的ではないのかという葛藤もありました。

米国株式の暴落の時もさほど影響をあまり受けていないリピート系FX(ループイフダン)が着々と利益を上げていた背景があります。

 

入金額と総資産額

 

 

 

評価損益

 

 

 

利益率

 

 

まとめ

 

2019年に入りマイナスはだいぶ解消されてきましたが、2018年から資産運用を考え始めて貯金より運用と意気込んだ結果が元本割れでした。

更には元本割れしてても預けている資金の1%を手数料として持って行かれるという残念な結果です。

しかし、長期運用を掲げているので、初年度がマイナスでも長期的に見ればプラスに転じる可能性は高いです。

運用開始した年にいきなり米国株式暴落が起きたのが、不運だったということでしょう。

資産運用に興味がある人は、まずウェルスナビで資産運用を肌で感じて、そこから更に深く追求してETFを自分で購入して手数料を抑えたり、利益が非課税になる『NISA』『つみたてNISA』に更には節税対策にもなる『iDeCo』などにも目を向けていくのもいいと思いました。

将来の事を真剣に考えるのならば、まずは一歩踏み出す事です。

今は知らないと損をするような仕組みになっているので、どんどん知識を吸収していきましょう。

では。

 

 

口座開設はこちら

ウェルスナビ口座開設

WealthNavi

コメント