投資初心者がウェルスナビで損益がマイナスになり投資に不安を感じたなら

スポンサーリンク

どうも、もてちん(@ MoteChiNvwvwvN)です。

 

2018年10月、米国株急落の影響でウェルスナビの損益がマイナスになってしまったという人も多いはず。

わたしもそのひとりです。

たかが一時的にマイナスになっただけで騒ぐことでもないのかもしれません。

しかし、運用開始からずっとプラスをキープしてきただけに不安が大きくなりました。

長期運用だとはわかっていてもマイナスになれば不安にもなるし、本当にこのままで大丈夫なのかという気持ちになります。

まさに今そんな状態です。

 

で、ちょっとポートフォリオを見てみました。

意外だったのが、米国株急落が原因で損益がマイナスになっているにも関わらず、米国株(VTI)はプラスを維持していたことです。

元々、日欧株(VEA)や新興国株(VWO)のマイナスを米国株の利益のおかげでプラスになっていたという感じでした。

それが今回の米国株急落で、利益が減ったためトータルでマイナスになってしまったという結果になってしまったようです。

分散投資なので日欧株(VEA)や新興国株(VWO)をとやかく言うつもりはありませんが、こういうのを見てしまうと手数料の安い証券会社で米国株だけを買っていたほうがいいのかなと欲をかいてしまいそうになります。

 

 

株式急落中もFXはコツコツ

 

今回の株式急落で株式投資の調子が悪い中、FX自動売買は急落関係なしに稼いでくれています。

それはリピート系FXの『ループイフダン』です。

わたしが運用しているのは豪ドル円の通貨ペアなので今回の米中貿易摩擦が心配ではありましたが、心配をよそに利益を出せています。

ウェルスナビトライオートETFと違い、レンジ相場さえ築ければそこで買いと売りが発生して利益が生まれます。

現に少し前までは82円台でしたが、今は80円台になっています。

しかし変わらず利益を出せているのはレンジ相場が形成されているから。

今年に入って投資を始めましたが、このループイフダンが一番コツコツと危なげなく運用できています。

今の相場がいいだけかもしれませんが、お金の働き口としてリピート系FXはいい就職先かもしれないですね。

調子に乗ってウェルスナビのお金を移そうか考えてしまう時もあります。

個人的な意見なので、参考までに。

コメント